メイン

食材の宝庫・淡路島にニューフェイスが誕生!

稚魚が12月~3月で約3倍の大きさに

 2017年3月1日、淡路島で「淡路島サクラマス」がデビュー!
2年前からサクラマスの養殖がスタートし、試行錯誤の末、ついて新ブランドが誕生した。
 サクラマスとは、ヤマメが川から海で育つことによって銀化したもの。今や天然ものは幻と呼ばれるほど稀少で、養殖に取り組むところも数少ない。味は、脂がのっているのにあっさりとして、サケ・マス類の中では一番おいしいともいわれるグルメ食材。食通に好まれ、料亭などで珍重される高級魚だ。
 その養殖に挑んだ淡路島の福良は全国で名を知られるブランド「淡路島3年とらふぐ」を育てた有名港。もともと福良湾は温暖な淡路島にありながら海域の水温が低く、鳴門海峡の速い潮流というサクラマスの成育に絶好の一番の理由は、地元の養殖家の高い技術と長年の経験があったから。エサの工夫や成長状態にあわせて生け簀の場所を移動するなど、自然に近い条件での養殖に取り組み、上質なサクラマスが育っている。

地元料理人とのタッグで春限定メニューが花開く。

福良の海に馴染み、元気に飛び跳ねるサクラマス

 サクラマスの旬は3月~5月。ちょうど桜の開花時期と重なり、身の色が美しいピンク色をしていることから、この名がついたそう。
「淡路島サクラマス」は、旬の一番おいしい時期だけに限って出荷される。
 新食材の誕生を受けて、その魅力を知ってほしいと腕を振るうのが、地元のホテルや宿、飲食店の料理人たち。淡路島の食材を知り尽くした食のプロフェッショナルが「丼」と「鍋」の新メニューに挑み、誕生した料理はなんと20種類以上!産地ならではの新鮮な朝締めサクラマスを使い、地の利を活かしてリーズナブルに提供する。春の島食材としてサクラマスが競演する多彩な創作料理は、どれも個性的で味わい豊かなので、ぜひ食べ比べて満喫したい。

3~5月限定淡路島サクラマスメニューの掟
サクラマス丼
丼の掟
  • 淡路島サクラマスを使うこと
  • 淡路島産野菜を1種類以上使うこと
  • オリジナルの出汁やタレを使うこと
  • 淡路島産のお米を使うこと
サクラマス鍋
鍋の掟
  • 淡路島のサクラマスを使うこと
  • しゃぶしゃぶ形式で提供すること
  • 淡路島野菜を3種類以上使うこと
  • オリジナルの出汁やタレを使うこと
  • 〆は淡路島産のお米か淡路島手延素麺
    ・淡路島ぬーどるを使うこと
丼ヘッダー

志知カフェ

淡路島サクラマスと淡路牛のローストビーフと淡路島産オニオンフライのトリプルラージヒル

淡路島サクラマスと淡路牛のローストビーフと淡路島産オニオンフライのトリプルラージヒル

M2,000円、L2,500円※数量限定(予約がベター)

店長 坂口研輔さん

店長 坂口研輔さん

店で人気の「ローストビーフ丼」とコラボさせました。サクラマスをはじめ、島の美味しい食材を全部味わってくださいね。

地元の新玉ねぎ

こだわりはココ!

オリジナルのタレは地元の新玉ねぎすりおろしのほか、リンゴやにんにくなどが入ったユッケ風。甘めの味付けなので子どももOK

志知カフェ外観

玉ねぎ倉庫を改装したカフェは、天井が高く開放感たっぷり。土日限定で玉ねぎが主役のバーガーも。

電話

090-6371-3403

住所

南あわじ市八木新庄477-1

営業時間

11時~20時(LO19時30分)、バーガーは14時~

お休み

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより10分

駐車可能台数

約30台

ホテルアナガ 日本料理 鮨「阿那賀」

桜ちらし御膳

桜ちらし御膳

3,000円

料理長 西山弘章さん

料理長 西山弘章さん

錦糸卵で菜の花、レタスで芝生、サクラマスや鯛で桜の花をイメージし、シャリの上に淡路島の春を描きました。

鯛の刺身

こだわりはココ!

ネタの1つ、地元産の鯛の刺身は一度桜の葉に包んで香りづけ。加えて桜花の塩漬けもあしらわれ口の中に風味豊かな余韻を残す。

ホテルアナガ外観

淡路島の南西端に建つリゾートホテルの日本料理店。近海の魚介や淡路ビーフ、島の野菜でもてなす。

電話

0799-39-1111

住所

南あわじ市阿那賀1109

営業時間

11時30分~LO14時

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより7分

駐車可能台数

46台

ホテルニューアワジ プラザ淡路島 ダイニング花桐

淡路島サクラマスのレアカツと新玉ねぎのリゾット

淡路島サクラマスのレアカツと新玉ねぎのリゾット

2,376円※1日10食限定(予約がベター)

洋食シェフ
福留 涼さん

洋食シェフ 福留 涼さん

セットメニューのスープも美味しいですよ。サクラマスのアラと野菜を一緒に長時間煮込んで丁寧に出汁を取っています。

珍しい地野菜

こだわりはココ!

コールラビ、紅くるり大根、紫人参など珍しい地野菜をピクルスにしてトッピング。彩りが美しく、ほどよい酸味が料理のアクセントに。

ホテルニューアワジ外観

鳴門海峡を望む丘の上のホテル。主に30km圏内で獲れる山海の幸で料理を提供する。

電話

0799-55-2500

住所

南あわじ市阿万吹上町1433-2

営業時間

ダイニング花桐:11時30分~LO14時

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICまたは淡路島南ICより20分

駐車可能台数

150台

あわじ浜離宮

淡路島サクラマスの桜寿司

淡路島サクラマスの桜寿司

「淡路島サクラマスづくし宿泊プラン」
21,600円~ 1泊2食付き宿泊プラン(2名1室1名料金)
※要予約、別途入湯税必要「淡路島サクラマスの桜寿司」は
コース料理に含まれます。

料理長 江本悠希さん

料理長 江本悠希さん

コースは淡路島サクラマスのカルパッチョやしゃぶしゃぶなどが入るので、アミューズ感覚のお寿司に挑戦しました。

多彩な地元野菜 調味料

こだわりはココ!

酒粕は地酒「都美人」のもの。周囲を飾る野菜は、スイスチャードやオレンジブーケ、ラリーノなど、地元の契約農家から取り寄せた珍しい品種ばかり。

あわじ浜離宮外観

夕日百選に選ばれた慶野松原に佇む和のリゾートホテル。30代の若き料理長が生み出す創作料理が好評。

電話

0799-36-3111

住所

南あわじ市松帆古津路970-81

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより5分

駐車可能台数

41台

洋風創作うどん KEKKOI

風薫る淡路島サクラマス丼

風薫る淡路島サクラマス丼

1,166円

オーナー 藤江明美さん

オーナー 藤江明美さん

3月~5月の限定メニューなので、春食材を厳選しました。サクラマスのほか、香りいい由良産の天然ワカメもおすすめですよ。

出汁が命

こだわりはココ!

うどん店だけに、なんといっても出汁が命。イリコや昆布、鯖、鰹、ウルメを使う基本の出汁は、豊かな風味と奥深いコクが特徴。

洋風創作うどん KEKKOI外観

出汁が自慢の洋風うどんの店。パンケーキを中心とした島スイーツも充実しているのでカフェ使いもOK!

電話

0799-20-4518

住所

南あわじ市市円行寺187

営業時間

11時~18時(LO17時)

お休み

水、第1火

交通経路

神戸淡路鳴門道洲本ICより20分

駐車可能台数

20台

淡路島海上ホテル

福良旬菜丼

福良旬菜丼

2,500円※GW除外
※2名~(要予約・前日迄)、温泉入浴付きの昼食プラン

料理長 間宮亮太さん

料理長 間宮亮太さん

味わいが濃いサクラマスと合うタレを試行錯誤しました。玉ねぎと牛乳の島の特産の掛け合わせでいい味が出ましたのでぜひ。

出汁醤油ダレ、新玉ねぎは、淡路島牛乳

こだわりはココ!

出汁醤油ダレを入れる新玉ねぎは、淡路島牛乳と一緒にミキサーにかけペースト状に。玉ねぎ特有の辛みが抜け甘みだけを引き出している。

淡路島海上ホテル外観

福良湾を望む絶景ホテル。黄綬褒章受賞の料理人・大田忠道氏を師とする間宮料理長が腕を振るう。

電話

0799-52-1175

住所

南あわじ市福良甲21-1

営業時間

昼食(部屋食):11時~12時30分(部屋は14時まで利用可)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより20分

駐車可能台数

約60台

南淡路ロイヤルホテル 中国料理レストラン暢叙園

淡路島サクラマスの諭鶴羽丼

淡路島サクラマスの諭鶴羽丼

10,000円(サービス料込み)
※4名~、1日3組限定(要予約・3日前迄)

総支配人 長船陽子さん

総支配人 長船陽子さん

春はダム湖の桜が美しい南あわじの「諭鶴羽山」をイメージしました。丼を前に食事中の会話が弾むと嬉しいですね。

麻辣醤

こだわりはココ!

麻辣醤は大豆みそに花山椒と唐辛子を加えた中華の辛味調味料。酢と醤油を加えて調合したタレは、脂がのったサクラマスの味を引き締める。

南淡路ロイヤルホテル外観

大鳴門橋を一望するホテルの本格的中国料理店。上海料理と四川料理が融合した料理が味わえる。

電話

0799-52-3011

住所

南あわじ市福良丙317

営業時間

11時30分~14時(LO13時30分)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより10分

駐車可能台数

250台

美菜恋来屋(大規模直売所)

淡路島サクラマスと淡路ビーフのローストビーフ島育ち春色丼

淡路島サクラマスと淡路ビーフの
ローストビーフ島育ち春色丼

1,500円※土日限定、1日10食限定(要予約・前日迄)

店長 茱萸健太さん

店長 茱萸健太さん

美味しいものがたくさんある淡路島を知ってもらおうと、全部詰め込みました。採算度外視の内容なので土日10食限定で!

淡路ビーフ 新鮮野菜

こだわりはココ!

厳しい認定基準をクリアしたブランド・淡路ビーフを使用。 とろけるほど柔らかく脂も甘い!野菜も産直市場に入ったばかりの新鮮なもののみ。

美菜恋来屋外観

兵庫県最大級の産直市場。野菜、鮮魚、淡路ビーフ、土産品などを販売するほか、飲食店が入る。

電話

0799-43-3751

住所

南あわじ市八木養宜上1408

営業時間

9時~18時

お休み

火(祝日の場合は営業)

交通経路

神戸淡路鳴門道洲本ICより13分

駐車可能台数

188台

居酒屋うの 南あわじ店

淡路島サクラマスあっさりレアカツ丼

淡路島サクラマスあっさり
レアカツ丼

1,058円

店長 藤川浩也さん

店長 藤川浩也さん

レアカツは創業時から変わらない串かつ用の秘伝の衣で揚げています。素材がみずみずしく仕上がるのが自慢です。

ブランド玉ねぎ「アミちゃん」

こだわりはココ!

タレに使うブランド玉ねぎ「アミちゃん」は、アミノ酸の含有量が多く旨みが強い。新たまねぎのm甘みとほのかな苦みがカツと合う。

居酒屋うの外観

朝獲れ魚介、淡路牛などの地元食材と地酒を堪能できる店。メニューはサクラマスの刺身やピザも。

電話

0799-42-1534

住所

南あわじ市市福永690-1

営業時間

17時~24時(LO23時)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより10分

駐車可能台数

約10台

松葉寿司

淡路島サクラマス山かけ丼

淡路島サクラマス山かけ丼

1,750円※予約がベター

女将 平野まさ枝さん

女将 平野まさ枝さん

薬味には地元産の海苔に加え、風味のいい新ワカメ、みずみずしい新玉ねぎを使っています。サクラマスと共に旬の味をどうぞ

自然薯

こだわりはココ!

山かけには淡路島では稀少な自然薯を使用。野趣あふれる力強い味なので濃厚な旨みのサクラマスとの、おいしさの掛け算が成立!

松葉寿司外観

島内の漁港で水揚げされた活魚を楽しめる寿司店。天然あなごやウニをはじめ、旬魚を満喫できる。

電話

0799-45-1019

住所

南あわじ市広田広田528-1

営業時間

11時~14時(LO13時45分)、17時~20時30分(LO20時15分)、土日祝は11時~20時30分(LO20時15分)

お休み

12/30~1/1

交通経路

神戸淡路鳴門道洲本ICより10分

駐車可能台数

50台

キッチンユーカリが丘

島サクラマス丼

島サクラマス丼

1,480円(丸ごと玉ねぎスープ付)※数量限定

店長 山口茂樹さん

店長 山口茂樹さん

店の評判のソースとサクラマスを合わせたかったんです。女性に喜ばれるようヘルシーに仕上げました。

調味ソース

こだわりはココ!

トマトソースには、トマトピューレや米酢のほか、淡路島新玉ねぎのソテーをプラス。玉ねぎを入れることで、甘さが増し、味わいが深まる。

キッチンユーカリが丘外観

直売所2階にあるカフェ。農園スムージーや淡路島牛乳ソフトなどの島スイーツもお楽しみ。

電話

0799-43-2626

住所

南あわじ市八木養宜上1408(美菜恋来屋2階)

営業時間

12月~2月:10時~17時、3月~11月9時~17時(各LO16時)

お休み

火(祝日の場合は営業)

交通経路

神戸淡路鳴門道洲本ICより13分

駐車可能台数

188台

休暇村南淡路 レストラン

桜鱒丼定食

桜鱒丼定食

2,160円※要予約・前日迄

料理長
東 計義さん

料理長 東 計義さん

サクラマスの名産地・北海道で料理人をしていたので、マス料理には自信があります。5つの調理で楽しんでください。

センザン醤油、新玉ねぎ

こだわりはココ!

丼のタレは、地元のセンザン醤油に、新玉ねぎ、酒、みりんなどを加えたオリジナル。新玉ねぎの風味と甘さがサクラマスと調和する。

休暇村南淡路外観

大鳴門橋を望む高台に位置する宿。レストランから福良湾を眺める絶好のロケーションが魅力。

電話

0799-52-0291

住所

南あわじ市福良丙870-1

営業時間

レストラン:11時30分~13時30分(LO13時)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより15分

駐車可能台数

100台

あわぢ阿呍

淡路島サクラマスあぶりと昆布〆の二色丼

淡路島サクラマス
"あぶりと昆布〆"の二色丼

1,620円※土日祝限定(要予約・前日迄)

主人 榎本勍造さん

店長

淡路島のサクラマスは脂がよくのっているので、酢や昆布と合うんです。さっぱりと食べられるので、箸がすすみますよ。

昆布

こだわりはココ!

塩で〆めた後、北海道産の昆布に包み、酢をかけたまま30分。その後、昆布を外して1日置くことで、身に味がしっかりとなじむという。

あわぢ阿呍外観

夫婦2人で営む和食料理店。主に淡路島の新鮮な魚介を使用し、中でも「鯛そうめん」が有名。

電話

0799-52-1514

住所

南あわじ市福良甲1528-25

営業時間

丼提供は土日祝限定:12時~15時(LO14時)

お休み

水、臨時休業あり

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより15分

駐車可能台数

15台

鍋ヘッダー

国民宿舎 慶野松原荘

淡路島サクラマスの豆乳しゃぶしゃぶ

淡路島サクラマスの
豆乳しゃぶしゃぶ

「淡路島サクラマス鍋プラン」11,490円~
1泊2食付き宿泊プラン(1名料金) ※要予約
※「淡路島サクラマスの豆乳しゃぶしゃぶ」は
コース料理に含まれます

料理長 平山 晃さん

料理長 平山 晃さん

色々挑戦した結果、豆乳に辿り着きました。マイルドな中にも、塩麹と中華スープの味わいがアクセントになっています。

サクラマスのアラやカマ、地酒の・都美人

こだわりはココ!

鍋出汁には、サクラマスのアラやカマも入れて旨みをぎゅっと凝縮させる。また、地酒・都美人を入れているので風味が良い。

国民宿舎 慶野松原荘外観

慶野松原海水浴場すぐ隣にある絶好の立地。島の食材を知り尽くした地元出身の料理長が腕前を披露!

電話

0799-36-3391

住所

南あわじ市松帆古津路970-67

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより8分

駐車可能台数

100台

サンセット・ビューホテル けひの海

サクラマスすきしゃぶ鍋

サクラマスすきしゃぶ鍋

「サクラマスすきしゃぶ鍋プラン19,840円~
1泊2食付き宿泊プラン(1名料金) ※要予約・3日前まで
※「サクラマスすきしゃぶ鍋」はコース料理に含まれます

料理長 三宅洋史さん

料理長 三宅洋史さん

「春に爽やかに食べられる鍋」を考えてみました。コースの中ではサクラマスは鍋のほか、刺身、釜飯の3種で楽しめます。

鯛のアラ、香味野菜

こだわりはココ!

出汁に使う鯛のアラは、一度霜降りにしてから、汁が濁らないように丁寧にアクを取る。セロリや玉ねぎなどの香味野菜との味の調和も

サンセット・ビューホテル けひの海
外観

夕日百選の地・慶野松原がホテルの目の前。料理は和と洋を融合させた創作和食に定評がある。

電話

0799-37-3000

住所

南あわじ市松帆古津路970-76

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより8分

駐車可能台数

30台

うめ丸

淡路島サクラマスの美人鍋

淡路島サクラマスの美人鍋

6,480円※要予約・前日迄 ※宿泊プランでの提供もあり

板場 里見勇貴さん

板場 里見勇貴さん

元々はまかないで作っていた粕汁が評判で、そこからヒントを得て作りました。身は刺身でも味わえるのでスダチでどうぞ。

地元産の香味野菜 都美人の酒粕

こだわりはココ!

地元産の人参やゴボウ、ジャガイモ、白菜など、様々な香味野菜を煮出した鍋出汁に酒粕を入れるので、味わいが深い。酒粕は地酒・都美人のものを使用

うめ丸外観

美人の湯「うずしお温泉」と鳴門海峡のパノラマビューが自慢の湯宿。鯛の活造り料理が名物。

電話

0799-39-0206

住所

南あわじ市阿那賀1137-9

営業時間

個室:11時~15時(個室のほかに、レストラン利用の場合もあり)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより7分

駐車可能台数

約60台

やぶ萬

あわじ島育ち春色らんまん「さくら鍋」

あわじ島育ち春色らんまん
「さくら鍋」

「≪淡路島サクラマス≫を満喫あれ!
あわじ島育ち春色らんまん
『さくら鍋』プラン」17,280円~
※要予約、前日迄 ※「あわじ島育ち春色らんまん
『さくら鍋』」はコース料理に含まれます

若女将 榎本靖子さん

若女将 榎本靖子さん

サクラマスはしゃぶしゃぶ用の薄切りと、煮込んでたべるぶつ切りの2種類用意しました。 触感の違いを楽しんでくださいね。

つけダレの「たまポン」と「みそたまポン」

こだわりはココ!

つけダレの「たまポン」と「みそたまポン」は、自家製ポン酢に新玉ねぎを加えたもの。玉ねぎは甘味を出すため、炒めてペースト状に。

やぶ萬外観

創業150年の料理宿。手延べ素麺と素揚げして蒸した鯛を大杯に盛った名物「鯛めん」発祥の宿でもある。

電話

0799-52-0017

住所

南あわじ市福良乙4

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより15分

駐車可能台数

30台

料理民宿 浜福

サクラマスと新玉葱のおろし鍋

サクラマスと
新玉葱のおろし鍋

1人前6,000円
※2名~(要予約・2日前迄)※宿泊プランもあり

主人 坂本英樹さん

主人 坂本英樹さん

薄切りの身をレタスや三つ葉、生ワカメなどの野菜でくるんで食べるのもおすすめです。野菜がたっぷり取れますよ。

柚子入りおろし玉

こだわりはココ!

淡路島の新玉ねぎを、ベースにした「柚子入りおろし玉」がこの鍋のポイント。しゃぶしゃぶから〆まで美味しさを追及する。

料理民宿 浜福外観

3代目主人が地魚で勝負する料理民宿。鳴門鯛や鱧に淡路島3年とらふぐと島の名物料理が美味しい!

電話

0799-52-1106

住所

南あわじ市福良丙324-4

営業時間

昼食:11時30分~14時30分、夕食:18時~21時(各利用は2時間)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより10分

駐車可能台数

約10台

絶景レストラン うずの丘

淡路島サクラマスみそ鍋

淡路島サクラマスみそ鍋

「淡路島サクラマスコース」3,024円
※「淡路島サクラマスみそ鍋」はコース料理に含まれます。

副料理長
森 一仁さん

副料理長 森 一仁さん

食べ方のおすすめはサクラマスをしゃぶしゃぶにする前に、まず出汁に玉ねぎを投入してください。味にまろみが出ます。

合わせ味噌

こだわりはココ!

合わせ味噌は、おろしにんにくや生姜を混ぜ込み、甘辛く調味したもの。少しパンチの効いた味わいの味噌なので、鍋全体が引き締まる。

絶景レストラン うずの丘外観

大鳴門橋&鳴門海峡を見渡す絶景店。併設のうずしお科学館(1階)は3月に新装オープンするのでぜひ。

電話

0799-52-2888

住所

南あわじ市福良丙936-3(うずの丘大鳴門橋記念館2階)

営業時間

9時~15時30分(LO15時)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより2分

駐車可能台数

130台

ホテルニューアワジ プラザ淡路島

淡路島サクラマスと春野菜のマリアージュ鍋

淡路島サクラマスと
春野菜のマリアージュ鍋

「淡路島サクラマスと春野菜の
マリアージュ鍋」の1泊2食付き宿泊プラン
(1名料金)は16,200円~ ※要予約・前日迄

和食料理長
木村旦浩さん

和食料理長 木村旦浩さん

地元野菜は味がよくわかるよう大きめにカットしています。味、食感、香りなど、サクラマスとともに五感で楽しんでください。

新鮮野菜 薬味三種

こだわりはココ!

薬味は個性の違う3種。爽やかな辛味の生姜、香り高い柚子、旨みを膨らませる塩麹が用意される。野菜は新玉ねぎ、菜の花、生しいたけなど、どれも新鮮な地元産のものばかり。

ホテルニューアワジ プラザ淡路島外観

鳴門海峡を望む丘の上のホテル。主に30km圏内で獲れる山海の幸で料理を提供する。

電話

0799-55-2500

住所

南あわじ市阿万吹上町1433-2

営業時間

ダイニング花桐:11時30分~LO14時

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICまたは淡路島南ICより20分

駐車可能台数

150台

松葉寿司

淡路島サクラマスうにしゃぶ

淡路島サクラマスうにしゃぶ

3,980円~※予約がベター

女将 平野まさ枝さん

女将 平野まさ枝さん

サクラマスは部位で味が違うので、脂がたっぷりの腹身とあっさりした背の部分の両方用意します。食べ比べてみてください。

鮮度はお墨付き

こだわりはココ!

淡路島の由良港はウニの名産地。ここでは獲れたてを直接仕入れるから、添加物なしで鮮度はお墨付き。口の中でとろける。

松葉寿司外観

島内の漁港で水揚げされた活魚を楽しめる寿司店。天然あなごやウニはじめ、旬魚を満喫できる。

電話

0799-45-1019

住所

南あわじ市広田広田528-1

営業時間

11時~14時(LO13時45分)、17時~20時30分(LO20時15分)、土日祝は11時~20時30分(LO20時15分)

お休み

12/30~1/1

交通経路

神戸淡路鳴門道洲本ICより10分

駐車可能台数

50台

淡路島海上ホテル

サクラマス大地の恵み鍋

サクラマス"大地の恵み鍋"

1人前5,500円※2名~(要予約・前日迄)
温泉入浴付きの昼食プラン ※GW除外

料理長 間宮亮太さん

料理長 間宮亮太さん

皮と身の間が一番おいしいので、切り身は皮ごと提供しています。火を通しすぎずにほろりと崩れる前に味わってください。

淡路島ポーク(いのぶた)

こだわりはココ!

サクラマスのほか、具に淡路島ポーク(いのぶた)を入れるため、さらに鍋出汁の味がふくよかに。魚と肉の旨みの相乗効果に注目!

淡路島海上ホテル外観

福良湾を望む絶景ホテル。黄綬褒章受賞の料理人・大田忠道氏を師とする間宮料理長が腕を振るう。

電話

0799-52-1175

住所

南あわじ市福良甲21-1

営業時間

昼食(部屋食):11時~12時30分(部屋は14時まで利用可)

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道西淡三原ICより20分

駐車可能台数

約60台

道の駅うずしお

サクラマス吟醸粕鍋

サクラマス吟醸粕鍋

2,310円~※要予約・前日迄

調理人 村上雅彦さん

調理人 村上雅彦さん

石狩鍋の淡路島版をイメージしました。つみれはサクラマスの身と塩漬けの桜花を合わせた創作料理。上品な味ですよ。

春の香りを演出

こだわりはココ!

出汁は鰹・昆布をベースに、玉ねぎローストを入れ、都美人の吟醸の酒粕、白みそを加えたもの。また、つみれには桜花の塩漬けを混ぜ、春の香りを演出。

道の駅うずしお外観

レストランから鳴門のうず潮を眺められる好立地。淡路島の食材を生かした創作料理が評判を呼ぶ。

電話

0799-52-1157

住所

南あわじ市福良丙947-22

営業時間

レストラン:食事は10時~16時(LO15時30分)、ほか施設によって異なる

お休み

なし

交通経路

神戸淡路鳴門道淡路島南ICより5分

駐車可能台数

60台

店舗一覧マップ

淡路島サクラマス食べつくしマップ

pagetop